情報

地元の関心のある保護された自然地域ラケルシオラ-トスカーナ

地元の関心のある保護された自然地域ラケルシオラ-トスカーナ

保護区の種類-設置場所

類型:地元の関心のある自然保護地域A.N.P.I.L; 1997年に設立されました。
トスカーナ地方
州:ピストイア

地元の保護地域(A.N.P.I.L.)の保護された自然地域クエルシオラは、ピストイア県のクアラータ自治体で約118ヘクタールにわたって広がっており、人口の多い地域の中心部に位置しています。フィレンツェとピストイアの間の大都市圏です。この地域は、自然の境界として、東はオンブローネ川、西はフォッソドガイアデルクアドレッリ、北はカジーニラビテートとカセラナのそれをつなぐビアヌオーヴァによって区切られています。
La Querciolaはトスカーナ地域プロジェクトの一部です。海岸とフィレンツェ-プラート-ピストイア平原の間にある一連の湿地帯を結ぶ移動ルートに沿って-www.zoneumidetoscane.it

ラケルシオラ保護地域の自然の自然地域(写真自治体Quarrata)

説明

この地域には2つの狩猟湖があり、夏には干上がってしまいます。ラーゴディゼラとラーゴディビガーナと呼ばれる4つの小さな湖、かつては粘土質の野外採石場でしたが、かなりの深さがあるため、夏でも浸水したままです。 4-8 m)それらを地下水面と接触させます。 La Laghinaと呼ばれ、地方自治体が所有するZela湖の一部では、環境回復プロジェクトが巣作りの野生生物のオアシスとして作成され、狩猟禁止の対象になりました。この地域の自然主義的な重要性は、今日まで、主に動物相の存在に関連しています。水域、そして主にゼラとビジアナの湖は、多数の鳥に避難所を提供します。多くの種は自分自身が営巣していることを発見し、他の種は渡りの期間中だけであり、他の種はまだ狩りのためにそこに到着します。
この地域の平均高度は36メートルです。堆積物は主にシルトと粘土からなる最近の沖積堆積物に起因するものです。基礎となるのは、通常は常に粘土質でシルト質のマトリックスにある、粗い材料と砂の層の交互配置です。

地域の歴史

オンブローネトレントとモンタルバーノの間の平坦なエリアには、非常に古くから人が住んでいます。特に、エトルリア人は丘の間のこの平坦な一続きを通路として使用し、リグリア人は周囲の丘に定住しました。これらの存在はどちらも、これらの領域のさまざまなトポニムによって証明されています。代わりに、ローマの支配から始めて、より確実な情報が提供されています。実際、紀元前2世紀からは、世紀制を利用して、ピストイア地域とフィレンツェの田舎の開拓が始まりました。中世、地方自治体の時代(XI〜XIII世紀)で、ブレア川、ブラナ川、ステラ川の流れの逸脱、水路配置の最も重要な段階が、フィレンツェへの新しい道路の建設と同時に、オンブロネトレントの多数の堤防工事が行われました。レイアウトの自然な変化に従う。特にピストイア地域とプラート地域の両方がトスカーナ大公国の一部となったため、水路の問題は次の世紀にさらに世界的に扱われました。しかし、16世紀の平野の多くは依然として洪水と沼にさらされていました。 18世紀と19世紀の間、平原での水圧調整作業はトスカーナ政府によって継続されました。
La Querciolaは歴史を通じて使用方法に大きな変化を遂げました。第二次世界大戦の終わり以来、すべての利用可能な土地が耕作され、今日では水と田舎の環境(牧草地、生垣、耕作地)のある農地のように見えます。

植物と動物

ANPILに存在する樹木植生は中湿性タイプであり、ポピュレタリアの植物社会学的秩序にさかのぼることができます。 700本以上のオーク、300ニレ、200のカエデ、ポプラ、ヤナギなど、開発のさまざまな段階で1,800本以上の木があります。草本の植生は、ほとんどの場合、多くの種のスゲ、ラッシュ、その他の湿った環境の種を含む、プラミテタリアの注文に属しています。貴重な植生のほとんどは、溝の土手と水域の土手に沿って位置しています。この地域には、湿地の急増などの生息地の減少が主な原因で、脆弱性が地域の関心事と考えられているいくつかの種があります。
この地域で見られる多くの鳥類の中で、私たちは覚えています:コサギ(Egretta garzetta)、アオサギ(Ardea purrea)、ゴイサギ(Nycticorax nycticorax)、マーシュハリアー(Circus aeruginosus)、小さなアヒル(Tachybaptus ruficollis)、coot(Fulica atra)、イタリアの騎士(Himanthopus himanthopus)、マガモ(Anas platyrhynchos)、ティール(Anas crecca)、ガーガニー(Anas querquedula)、カワセミ(Alcedo atthis)、振り子(Remiz pendulinus)。

ラケルシオラ保護地域の自然の自然地域(写真自治体Quarrata)

見学のご案内

詳細については:
クオラタ自治体(PT)
広報室
Tel。0573 771213


ビデオ: 環境サロン自然保護と生物多様性保全 第3回 宇部の野鳥とこれから (10月 2021).