情報

WWFオアシスレイクコンザ-カンパニア

WWFオアシスレイクコンザ-カンパニア


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

保護区の種類-設置場所

類型:2003年に設立されたWWFオアシス
地域:カンパニア
州:アヴェリーノ

WWFコンザ湖はアヴェリーノ県、コンザ・デラ・カンパニアの自治体にあり、約800ヘクタールの面積を占めています。海抜の平均の高さ約420mです。

WWFオアシスレイクコンザ(写真http://flickr.com/photos/gerem)

説明

ダムの下流にあるオファント川のバリアに由来するコンザ湖の人工湖は、カンパニアで最大の湿地帯です。オファント-セレのルートに位置し、ペルサノのWWFオアシスとともに、ティレニアとアドリア海の間の渡り鳥のルートに沿った鳥の休憩所と休憩所を構成しています。
バリアが建設される前は、オファントの氾濫原に湿気のある森が植生していました。その後、作物を強制的に放棄し、ダムの建設に必要な材料を抽出することにより、典型的な湿地植生を伴う、主にヤナギとポプラの湿性植生が拡大しました。これらの地域では、復活の結果と発掘活動で作成されたクレーターの両方のために、厚い葦のある小さな池も作成されました。植物相は、吸湿性の森、沼沢のわら、ガマ、シルポ、湿地のアイリス、牧草地、および草原環境で構成されています。動物相は主に水生鳥類に代表されます。 140種の鳥が数えられました。

見学のご案内

管理:
プーリア、ルカニア、イルピニアの灌漑局およびアヴェリーノ県と合意した、WWFオアシスカンパーナ協会(A.C.O.WWWF)。
ウェブサイト:www.lagodiconza.it


ビデオ: お知らせあり いつか王子様が グランドハープ演奏 (かもしれません 2022).