情報

古代の野菜:天豆

古代の野菜:天豆

産地と歴史

地域:サルデーニャ
生産地域:ティアナの地方自治体のすべての田園地帯と、田園地帯の境界線に隣接し、近隣の自治体に地籍下に落ちる小包が含まれます。

天豆とインゲンの伝統は、複数の口頭および書面による情報源によって証明されています。
情報源の1つは純粋に組織学的で、いわゆる「ヴェルテンツァデルリオトーレイ」によって作成および作成されたドキュメンタリーセットに基づいています。 。この同じ調査領域には、地方の首都に代表される島の最も重要な消費市場で豆をためらった小さな地元の商業企業に属するアーカイブ文書もあります。
この点で、1957年にティアナ市長がカッサに手紙を送ったことを覚えているだけであり、リオトレイの障壁によって生成されたティアーノ地域の経済的および農業的構造への深刻な影響を非難し、現在の作物システムは難航し、灌漑における野菜と果物の作物、特に「豆」の運動について。しかし、Cassa per il Mezzogiornoは、このコミュニティの農業経済の特定のニーズがやがて適切に考慮されることを保証しました。
今日でもまだ直接的な証拠によって再構築できる「オーラル・ヒストリー」でさえ、前世紀の最初の数十年から豆の栽培がどのように行われていたかを示しています。

宗派は次のエコタイプのために予約されています:
1.ファイタブレンテとモンツァ;
2. faitta capudarzaまたは初期;
3. cavanedda faitta;
4.ヘッドボード 'と色;
5. faitta ‘e Fonne;
6. faitta ‘e duas caras;
7.フェイタ・ムラ;
8. faitta sorgonesaまたは白

Tianese Bean-Faitta sorgonesaまたは白(写真https://comitatobiodiversitatiana.wordpress.com)

特徴

Tiana beanという名前は、さまざまな色の地元の方言「faitta」で呼ばれる豆の個体群を識別しますが、すべて登山の習慣があります。 Fonne、faitta 'e duas caras、faitta murra、faitta sorgonesaまたはwhite。ポッドは一般に緑色で、クリーム色の白、アイボリー色の白、黒、茶色など、はっきりと共存することが多い彩色領域があります(「Faitta brente ‘e monza」または「Faitta‘ e duas caras」など)。赤または紫の縞(「Faitta‘e color」)が発生することもあります。製品は、新鮮に(特に「Faitta cabudarzaまたは早熟」)、または乾燥して、または穀物として(特に「Faitta Sorgonesa」と「Faitta brente 'e monza」)食べることができます。

栽培技術

土壌は5月、6月、7月に準備されます。トラクター、カルチベーター、モーター鍬または鍬の助けを借りて実行される主な処理の後に、土塊ブレーカーまたはカッターで土塊を管理します。播種は5月の最初の10日間から手動で行われます。化学肥料は使用されていませんが、成熟した肥料1平方メートルあたり3〜5 Kgの有機肥料のみが使用されています。作物の輪作が行われ、除草は通常、除草剤を使用せずに列の間および列に沿って手作業で除草することによって行われます。豆を支えるために一般的に使用されるブレースは、杖、栗の棒、フィレリア、イチゴの木、ニワトコです。電気溶接ネットが使用されることもあり、まれに、トウモロコシなどの伝統的な活かし器が使用されることもあります。それは、最大のストレスの期間に、一定の灌漑を必要とする作物です。 「nessarzos」と呼ばれる内転作業と「colas」と呼ばれる運河作業からなる、伝統的な「スライド式」灌漑システムが保証されています
1970年代の水の供給は大幅に制限されていましたが、リオクラボスへの障壁がありました。水の欠乏は必然的に豆で耕作された地域の収縮につながりました。収集は完全に手動モードで行われます。

製造

この製品は現在、収穫後の処理を受けていません。箱に集められ、そのまま購入市場に送られますが、現在はこれまでよりもはるかに狭い範囲に集中しています。


ビデオ: ソラマメ栽培 整枝作業と土寄せ 20221 (10月 2021).